今度はVAIO TYPE Sの無線LANカードを交換

数日前、VAIO TYPE S(VGN-SZ92PS)のHDDを換装して
満足できる効果を得たんだが。。。
その結果、今度は無線LANの遅さが気になりだした。

常用している速度測定サイトの通信速度測定システムRadish
うちのノートPCの中でTYPE Sだけ6~8Mbpsしかでないのよねorz
もちろん、外部(インターネット)の速度測定なので時間帯や
その他もろもろの影響は受けはしてるんだろうが他のPCだと
無線LAN親機との接続方式によるけど18~60Mbpsは出てるのに
こいつだけコンスタントにこの数値はなぁ。

つーことで無線LANカードの親機との相性や故障、通信方式等々の
怪しい部分を一気に解消するには交換が手っ取り早いということで手配。

で、到着したのがこれ↓
P1000353 
左が換装予定のINTEL Wireless WiFi Link 4965AGN、
右が最初から搭載されていたINTEL PRO/Wireless 3945ABG

4965はアンテナ端子が3本、3945は2本という事で一つは余るのよね。

ちなみにインテルの無線LANカードは現在ならWiFi Link 5300って新しいのが出てるみたい。
ただ、こちらはVGN-SZ92PSでの換装報告が見つからなかったので
今回は敬遠して旧型に換装しました。

つーことで早速換装作業↓
P1000352 
HDDの換装と同じでキーボードとパームレストを外すだけで簡単にアクセスできる。
上の写真はパームレスト側(正面)から見たところ。
向かって左がHDD、右がDVDドライブとなっている。

で、換装自体は5分程度で終了。
早速、速度測定したら18Mbps以上が出た!
つーことで効果はあったみたい。
3-5千円程度の投資でこの結果なら満足かな。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.