屋形船で酒盛

本日は、近所の居酒屋のイベント(‘д’)
横浜の桜木町周辺から乗船らしい。

今回、ウィスキーをあんまり飲んだことが無いという店長に
「ウィスキー、美味しいのを持ってきますよ」と良い感じで
酔っ払っているときに約束していたので自宅の在庫から吟味(‘д’)
最初、ラガヴーリン16年を持っていこうと思っていたんですが。。。
流石に初心者には、風味が強すぎるので却下(´・ω・`)で、選んだのが「余市蒸留所限定 原酒10年」ですよ(‘д’)
ラガヴーリンより、風味は弱めですが、
アルコール度数は激しく高く64度(ぉい
先ほどのラガヴーリンが43度だったはず。。。
ちなみに一般的なビールで7度程度、ワイン、日本酒でも10数度です(‘д’)
このお酒、基本的に蒸留所に直接行くしか手にいれる方法がなく、
ナカナカ難儀なんですが、当たりが多いので
タマに北海道まで仕入れにいっています。
ちなみに余市蒸留所の情報は、これ(‘д’)
ネットでも業者が売ってるんですが、味見せずに買うのは怖いので
私はやっとりません。。。
つーことで、これを持って出撃!!
予定では、17時~21時の船旅です。

自宅から1時間弱の目的地に出発10分前に到着。
既にほぼ全員揃っており、尋ねると20名ほどで出発予定のこと。

ありきたりな(ぉい 挨拶と自己紹介が終わったあと、
他に持込のあった日本酒と焼酎を堪能(´д`)
酒問屋の関係者らしい方から日本酒について、いろいろ教えて頂く。
いま、勉強中だけど、いろいろ壁にぶつかっていたので
すげー助かりましたよ。
次からの飲み方の方針が固まりました。

ちなみに自分の酒は風味が強すぎるので先に飲むと
日本酒、焼酎の味が判らなくなる(ぉい ので、後回しで
人に押し付けていました(‘з’)
正直、500mlのうち、5分の1(5-6杯)も飲まれれば
御の字かなぁと思ってたんですが、結構人気があり、
飲み会が終わったときは、5分の1が残る状態でしたよ( ̄△ ̄;)
まぁ、私も結構飲みましたが。。。

で、話を戻して、料理は屋形船でお決まりの天婦羅、
それ以外にお刺身、鍋物と結構美味しいものが多く充実していました。
お酒や場の雰囲気を考えるとコスト的にも私は満足(‘з’)

海の上なんで騒いでも問題ないですしね(プロレスしてるおっさんとかいた)
3時間ほどは、桟橋から少し離れたところで漂う感じで。。。
最後の1時間は、どっかの橋辺り(ベイブリッジ?)までクルージングでした。
これは、その途中で見かけた観覧車を撮影したんですが。。。
クルージング中もカラオケで盛り上がってる人や夜景見てる人、
利き酒してる人、みなさんいい感じに楽しんでいた模様。
そうこうしている間にお開き。三本締めで終了でした。

桟橋に到着すると2次会に向かう人、
海にいろいろリバースしている人が居ましたが、
私は一通り挨拶して撤退。。。飲みすぎですよ(´・ω・`)

毎年やっているとの事でしたから、来年も参加したいなぁ。

Similar Posts:

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.