ゲーミングキーボードとマウスが到着

昨日、ここ数年愛用していたマイクロソフトキーボードの不調に我慢出来なくなり廃棄。
折角なので前から興味のあったゲーミングキーボードとマウスを注文してみた。
で、本日アマゾンから到着↓
P1000414
マウスもキーボードもロジクールのなんちゃってゲーミング製品で
キーボード「G15S Gaming Keyboard
マウス「Gaming Mouse G500
の2つ。
それとついでにレーザーマウス対応のマウスパッドも買ってみた。

まず、マウス↓
P1000416 P1000415
ユーザーが設定可能なボタンが10個。
DPI(マウスポインタの移動速度)を5段階(ユーザーが設定可能)でプレイ中に切り替え可能。
スクロールホイールの切り替えも2段階で可能になっており武器選択とかがやりやすくなってるらしい。
あと右の写真のようにウェイトを仕込めるようになっとるのも売りらしい。

で、使ってみた感想だが。。。
俺みたいなお気軽ゲーマーには悪くないかも。
恐らく本気でやってるFPSゲーマー(?)にとっては不要な機能が多いこういった製品より
もっとシンプルでかちっと(ボタンの押し心地とかにこだわったり)作った製品の方が良いんだろうが
だらだらとシングルプレイをやったりフレとマルチをやるならこういった製品の方が遊びがあって良いと思う。
値段も手頃だしのぉ。

以前から必要性に疑問を感じていたウェイトも使ってみると好印象。
普段、重めのワイヤレスマウスを使ってるのでウェイトなしだと軽すぎるのよね。
オマケのように思える機能でもやっぱそれなりに存在意義はあるのな。

 

次にキーボード。
G13も以前買っちゃってるんでわざわざゲーミングキーボードを買う必要もないんだが。。。P1000417 P1000418
一応、設定を弄ったりしてみたが特別な印象は無いかな。
LEDについてはソロでまったりゲームをプレイしている時の音楽再生用には便利だが
マルチや忙しいゲームでいちいち覗いてられないので必要性には疑問を感じる。
まぁ、メディアプレイヤーのコントロール用には確かにすんげー便利だけど。。。

あとキーボードとしての使い心地だけど文章やコーディングの利用を考えると
キーが軽すぎて結構疲れるかのぉ。
日常的なメールやウェブ巡回、ブログ更新程度なら慣れれば普通に使えるが
文字入力中心に使うなら別途もう一つキーボードを用意した方が良いかも。

あとG13との比較だけど使い込むならG13の方がマクロの設定数も多いので向いているかもしれないが
キーの配置やマクロ機能を制限しているオンラインゲームが多いことを考えると
普段キーボードに慣れ親しんでいる人にはG15の方が向いてるかもしれない。
まぁ、このあたりは好みの問題だと思うけど。

それにしても以前、G35も買っちゃっているしPCゲーミングデバイスはロジクール製品ばっかになったな。
まぁ、安価なわりにかっこよく見えるし、それなりの品質ではあるので後悔はしてないんだが。

さて、積んでいるPCのFPSでもやるかの。。。キー設定から始めないと駄目だけど。。。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.