Mac miniのメモリを載せ替えたり

二日前に注文した
4GBメモリ「SAMSUNG純正 ノート用 DDR3 1066Mhz SO-DIMM 204pin PC3-8500 1066D3N-4G-S」x2本
が到着したので換装したり。

出荷時に1Gx2を4Gx2に変更すると50,400円もしたので別の店に注文したのよね。
ちなみに俺が頼んだ店では相性保障付きで1本13,700円で2本+送料で2万8千円弱だったので半額近くということでCPUのアップグレード費用分(15,100円)は余裕で取り返せた。

P1000481

で、メモリの交換は1分も掛からず。

P1000485

mac miniのメモリアクセスは↑の写真の中央↑にある白い点を黒い点の左に廻して丸印に合わせるだけで開くようになってる。写真の状態(黒い点に合わせた状態)だとロック状態ということになる。

で、相性保障に入っていたんだが何の問題もなく、あっさりと認識↓

スクリーンショット(2010-06-26 14.13.17)

それからファイル共有環境のSambaとDropbox導入とiPhone SDKのインストール↓を実行して一応本日は終了。

スクリーンショット(2010-06-26 15.39.22)

現在のMac OSは初経験なんだがちょっと弄った感想としては、全体的に使いやすいと思うんだがWindows環境との協調に色々と難がある感じ。ベースがBSD系UNIXということでX11とか懐かしいアプリが標準で入ってたりはするんだがUNIX系OSならコマンドラインで色々打ち込める方が個人的には好みではあるのぉ。まぁ、おっさんの時代遅れなつぶやきだが。。。ただ、Macで閉じた環境下でメールと動画、Webや写真の編集なんかにしか使わない人には使いやすいかも。もちろん、Windows経験が無い事を前提にしてだけど。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.