電子ブックリーダー「Kindle2」が到着

7日発売のKindle DXと一緒にぽちった
アマゾンの電子ブックリーダー「Kindle2」

P1000489

が先行してアクセサリー類と一緒に到着。同時発送で申し込んだんだが。。。

DXは自炊したコミックやKindle Storeで購入した新聞や書籍を自宅で読むときに。Kindle2は自炊した文庫や新書、Kindle Storeで購入したものを外で読むのに使おうと考えて調達。ただ、Kindle2は8月に新型が出る可能性が高いのよねぇ。それも判った上で購入したので特に問題は無いんだが。。。ばらばらで買うと送料が高くつくし、今回購入したKindle2の具合が良ければ新型も(それだけの魅力があれば)また買えば良いしのぉ。

話を戻して、Kindle2↓

P1000490

パッケージもシンプルだったが内容物もすんげーシンプルで
・本体
・USBケーブル+電源コネクタ(日本用の2口コネクタ)
・リーフレット(説明書)
だけ。まぁ、分厚いマニュアルはKindle内にファイルとして収納されてるので特に不便も不安もない。

操作方法についてもちょろちょろ数分弄れば理解できるようになってる。アカウント等はKindleを購入したユーザーの情報が最初から設定されているので特にめんどくさい初期入力をする必要もないように配慮されている。

で、肝心の自炊したコミックや文庫の表示についてだが。。。Kindle2用に調整したPDFなら悪くないというか、むしろ良い感じで表示できる。
最初、iPhone用やiPad用に調整したファイルやPC用のマスターファイルを放り込んで試してみたんだが文字や絵の色調が薄すぎてすんげー読みにくかったので流用を諦めて、ChainLPで加工する事にした。
設定したのは3点で
・ガンマ補正を2.0に(色の濃淡の調整)
・出力サイズをKindle2に設定(プリセットがある)
・Kindleの自動余白削除のキャンセル(Kindle対応チェックボックスをチェック)
しただけであとは基本設定のまま(のはず)

P1000491 P1000492 P1000493

ざっと確認したけどコミックも文庫(文書・挿絵とも)も快適に読めるようになっていた。これなら十分納得できるわ。

で、コンテンツの方も問題なく用意出来ることが確認できたので今後活躍してもらう事になりそうなKindle2だが本を読むという事に関して言えば本当に絶妙なサイズだと思う。余分な機能が無い為、重量も軽く(300g弱)、バッテリーも3Gをオフにしていれば一週間は持つらしい。まぁ、仕様の為に明るいところじゃなければ使えないがそもそも真っ暗なところで本を読むことはそんなに無いだろうしな。アップルもiPadとiPhoneの間にこれぐらいのサイズのデバイスがあっても良い様な気がする。外で本を読むにはiPadは大きすぎるし、文書を読むにはiPhoneは少し小さい(使えない事はない)のよね。

つーことで個人的にはかなり高評価なKindle2。もし、8月に発売が予想されている新型Kindle(Kindle3?)に魅力的な改善点があれば躊躇せずにぽちる事になりそうですよ。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.