アップル「Magic Trackpad」が到着

二日前に発表されたAppleのマルチタッチトラックパッド
アップル「マジック トラックパッド

P1000519

が到着。

パッケージは何時もの感じだが↓裏には

P1000520

操作方法が書いてあって開封直後は便利だった。まぁ、iPod touchやiPadと操作はほとんど同じなので戸惑う事は無い。。。というか同じような操作だから購入したんだが。

で、中身はこんな感じ↓で本体は小さくシンプル

P1000523 P1000524

裏はアップル純正のワイヤレスキーボードと同じ感じのデザインになってた↑

P1000525

サイズや傾きはワイヤレスキーボードと合わせているようで(使い方的にも見た目的にも)いい感じで並んでくれる。
一応、設定後、暫く使ってみたが使いやすくていい感じ。片手で拡大・縮小操作も簡単でできるのが良いよな。
あと、使い始めにクリック動作をすると妙なガタツキを感じで”不良品か?”と思ったんだが、裏面下側(ユーザー側)の滑り止めの山の部分(2箇所あるポッチ)がクリック時に通常のマウスのボタンのようにへこんで適度な感触(クリック感とでも言えば良いのか)を返していた。そういうものと理解してしまえば逆に感心する工夫でタッチパッドで判りにくいクリック動作の成否なんかがさくっと実感できるようになっている。まぁ、この部分自体が壊れなければ。。。だが。この細かい心遣いが流石アップルといった感じかねぇ。

ただ、逆に不親切だなぁと感じたのがドライバのインストールで基本的にユーザーが手動でアップルの公式サポートページからダウンロードし、インストールをしないと駄目みたい。まぁ、所有者かどうか見境無く、オートアップデートでドライバをぶち込むよりは良いのかもしれんがマニュアルにもドライバの手動インストールについての記述が無く、基本的に初心者向けPCだと俺は思っているMacにしては不親切だなぁと思ったり。まぁ、Mac自体、現在使っているMac miniが初なんでいつもこういった感じなのか、今回がレアケースなのかは判らんのだが。

つーことで入力デバイスとしては大変使いやすい感じなので興味のある人は買ってみても良いかも。サポートページにはWin32bit&64bit用のドライバも置いてあったのでWindows環境に使いまわす事もできるみたいですよ。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.