PS3「アナザーセンチュリーズエピソードR」を味見

いつものようにアマゾンのメール便発送で一日遅れの到着となった
PS3「アナザーセンチュリーズエピソードR

P1000556

を味見。

とりあえず、マクロスFストーリーを選択してゲームを開始。2時間ほど遊んでみた。

P1000558

で、ちょい味見した感想だけど”今までリリースされたアナザーセンチュリー・シリーズと同じ物と考えて購入すると多少のハズレ感がある”ってところかなぁ。今作から導入されたテンションシステムによって多少強力な攻撃は全て連打を制限されちゃうのよね。この為、これまでのシリーズであった爽快感がごっそり抜け落ちてる。元々、キャラゲーというかロボゲーという事で多少の甘い作りは目を瞑ってもらっていたシリーズだと思うんだが変にゲームとしての完成度向上を目指した為か、ロボゲーの部分とアクションシューティングの部分、どちらも中途半端な感じになっちゃってる。これは確かにアマゾンのレビューで票が割れるのも頷けるよ。

もし、このRがアナザーセンチュリーシリーズの一作目だったら俺も高評価だったかもしれんが。。。シリーズを重ねてきた上での今回の作品は正直なところ高得点はあげられないのぉ。5点評価で3点ってところかね。
つーことで過度な期待を持たずに購入するなら悪くないと思うんだが旧シリーズのファンやゲーム性、キャラゲーとしての完成度のどちらか一方でも高く求めるならあまりお勧めできる作品ではないかな。暫くしたら値下がると思うし、それまで待っても遅くないと思われ。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.