折り畳みBluetoothキーボード REUDO「Rboard for Keitai RBK-2000BT3」が到着

楽天で予約していたリュウドの折り畳みBluetoothキーボード「RBK-2000BT3」がアマゾンで予約していたXbox360「デッドライジング2」と一緒に到着。

P1000786 P1000787

これまでも旧型のRBK-2000BT2をiPadとかで使っていたんだが今回出た新型からマルチペアリング対応(4台)になったらしいので追加購入した。その他にもキー配列の変更(英語キーボード)や携帯端末スタンドが脱着式になったりと細かい変更がされているらしい。

パッケージの内容物は↓こんな感じで

P1000788

本体&収納ケース&マニュアルとなっている。収納ケースについては結構良い感じなんだが元々折り畳めるキーボードなので持ち運び時に使用上問題になるようなダメージを受けにくい感じで利便性を考えるとケースに収納する事はあまりないと思う。

キーボードの配置は↓こんな感じ

P1000789

上がBT3で下がBT2。配置に関しては好みだけどBT3の方が煮詰めているのは判る。
で、iPod touchを内蔵スタンドに立てると↓こんな感じ

P1000791

BT3のスタンドは取り外し可能なので設置位置を自由に変更できるのは悪くないかも。ただ、取り外しが多少やりにくいので俺は写真の定位置で使うと思われ。

あと、ケースに収納した時のサイズ比較↓右はiPod touch 4G

P1000792

見ての通り、小さくは無いんだがフルサイズ・キーボードでがしがし文章を入力したい人にとっては大きくないと思う。

価格も1万円を切っていてお手軽だし、バッテリーも単四電池2本なので長時間使用する時や外出時にバッテリーの確保に不安を覚える事がない。つーことでキーの押し心地がイマイチなのが残念だがフルサイズで軽量なキーボードが欲しい人にはお勧めしやすいかな。

ちなみにキーボード配列は、英語、日本語、Macの3つが用意されているので好みと用途に合わせて購入する事になる。価格は基本的に変わらず。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.