新PC「ドスパラ Prime Galleria HX」のセッティングが完了

先週の土曜日に注文したドスパラの「Prime Galleria HX」が6日夜に到着。

P1000814

早速、開封して↓

P1000815

I/Fやケースの中身を確認して↓から

P1000817P1000818

セットアップに取り掛かったり↓

P1000819

今回、購入したHXは比較的低価格なゲームパソコンでそこそこのベース値段(11万弱)でほどほどのスペックを実現している入手しやすいマシンだ。ただ、今回はブートドライブのSSD化やメモリ追加、音源の強化、光学ドライブのBD換装などのありあり設定でかなり高価格になってしまったのよねorz

いろいろ使い勝手は投資分、よくなっているはずなんだが根っこの部分(CPUとGPU、マザボ)については、HXのままなんで色々な制約も出てくるだろうなぁと思いつつ、環境の設定に入ったり。

で、最初の難関がメインPCからのデータ転送。。。750GB程度だったんだがLAN経由で転送する事にしたので22時間以上も掛かる事に。。。つーことで初日の作業は転送設定で終了orz

データ自体はDLNA-HDDや外付けのRAID-HDDにもバックアップがとってあるのでそちら(特に外付けHDD)から転送すりゃ早いんだが一応、データのマスタはメインPC上のものなのでそちらから時間を掛けて転送する事にした。あまりに辛いんで今後の為にUSB3.0対応の外付けHDDケースと2TBのHDDを注文しちまったよ。。。今後、同じような事があれば多少は楽になるはずなんだが。。。

で、翌日。結局、20時間ちょいで転送完了。それから普段使っているソフト群のインストールと設定。データのバックアップ環境の再構築を5時間程度で完了。一通り使ってみて今のところ問題ないみたい。思った以上にスムーズに終わったのぉ。

とりあえず、暫くは移行忘れが無いか心配なので二台体制で運用予定↓

P1000821P1000822

旧メインPCの環境も一応残してある(自動バックアップは切ってある)のでトラブルが起こっても対応できるしな。これで2-3ヶ月廻してみて問題がなければ旧PCを何か別の用途に転用しようかと思ったり。不安なパーツ(一部のHDD等)を排除して再インストールすればまだまだ使い道はあるしね。

最後に今回のPCのFF14ベンチとOSというかPCの起動時間(BIOS画面の起動も含む)を参考までに。。。

まず、FF14ベンチは予想通り、かなり低かったり。
HIGHで2426、LOWで4585。
ただし、計測環境はマルチモニター環境下で普段使っている常駐ソフトは全て立ち上げた状況なので少なくともLOW環境では快適に遊ぶことはできそう。

で、次にPCの起動時間は電源を入れてから常駐ソフト全てが立ち上がるまでの時間を大雑把に計測したんだが。。。これが約1分だった!旧メインPCが(常駐ソフトが多いとはいえ)5分以上も掛かっていた事を考えると感動ものだわ。やはりSSDが効いているのかね。

つーことで自分で組んだ方が今回は安くついただろうけどトラブルなく快適な環境が手に入ったのでかなり満足のできるメインPCのリプレースになりましたよ。

追記:
何も入れてない状況でのエクスペリエンスを張り忘れてたので。。。↓

newpcoldpc

左が新PCで7.3。右が旧PCで5.9。HDDが思いっきり足を引っ張ってる。

Similar Posts:

コメント

  1. はじめまして、パソコンに詳しそうなので助けてほしいのですがよろしければメールください


    以前ガレリアHXを購入し、訳あって初期化していたのですが途中で母が強制終了を押してしまい。
    「自動修復をしています」「PCの診断中」の表示が繰り返しに出てきて、パソコンが開始できません。
    どーしたらよいでしょう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.