iOS4.2のアップデートがきたのでAirPlayを試してみた

つーことで昨晩、iOS4.2のアップデートがきたので早速、Apple TVとiPad&iPod touch 4GでAirPlayを試してみた。

今回のアップデートで俺が気になっている&期待しているのは
・iPadのマルチタスキング&フォルダ対応
・AirPlay
な訳だが前者はテストするほどの事じゃないので後者をチェックする事に。

つーことでテスト用にiPad向けの動画を作成↓

P1000927

画面サイズは640×360。動画の再生時間は42分。ファイルサイズは278MBでコーデックは、H.264&AAC。

画面サイズは、iPadやiPod touch 4G用として考えるならもっと大きくても構わないんだが実用性を考えるとこの程度が限度だと思う。フルHD相当にすると簡単に1GBとかになっちゃうし、そうなると量を持ち運べなくなるのでモバイル向けにエンコする意味が失われると思うのよね。

まず、iPadの動画再生画面↓

P1000928

コントロールパネルの右端、白三角+四角枠のアイコンが再生デバイスの選択ボタン。これを押すとローカル(iPad)とAirPlay対応デバイス(今回はApple TVとなるが複数ある場合はリスト化されると思われ)のリストが表示され、そこから再生先を選択できる。
ちなみに音楽再生画面でも同様のアイコンが表示され、そちらも同様の効果・操作方法となっている。

で、再生先をApple TVを再生先に選ぶと↓

P1000929

こんな感じで普通に再生された。早送り・停止等の操作は当然ながらストリームを送っている側(iPad)で行う。
で、画質は動画サイズと再生画面(KDL-20J3000を使用。解像度は1366×768)の関係で多少、荒が目立つがモバイル端末からのストリーム再生って事を考えると許容範囲かな。
音質についてはスピーカーの差などもあり、Apple TVを介してTVで再生している方が少なくとも俺には良く聞こえた。また、音楽再生した場合でも内蔵スピーカーよりは良い感じ。ただ、繊細な音楽では比較していないのでその辺りはそのうち試してみよう。

つーことで一応問題なく動いたよ。ただ、一点気になったのは複数のデバイス(今回の場合、iPod touchとiPad)で同じAirPlay対応機器(Apple TV)を交互に利用していると一時的にもう一方からAirPlay対応機器が見えなくなる(AirPlayアイコンが表示されなくなる)事。これは排他処理の結果だと思うので仕方ないと思うんだが復帰の反映が遅いのよね。また、Appの「Remote」も排他処理の対象らしく、例えばiPodで音楽再生をAirPlayを使ってやっている時に同じデバイス内のRemoteは使えないし、逆にRemote中はAirPlayのアイコンは表示されないみたい。まぁ、イレギュラーな使い方&シチュエーションなので対応する必要は無いと思うけど。

で、最後に。。。AirPlayについては、音楽再生については自宅でiTunesを立ち上げっぱなしに出来ない人も多いだろうし、音質もそんなに悪くないと思うので大変意味のある機能だと思うが動画のストリーム配信についてはそれほどメリットを感じなかった。つーか、使い処が思い浮かばないのよね。AirPlayを静止画(写真等)を見せるのに使うには便利なんだが動画となると大画面に耐えうる解像度だと恐ろしいファイルサイズに。。。まぁ、iTunes経由で利用する手もあるんだがわざわざiTunesに登録できる形式に整えてエンコするのもなぁ。再生デバイスや転送先の事まで考えて汎用性を取るとNASのメディア鯖向けに環境を整える方がメリットは大きいような気はする。まぁ、そうするとApple TVでは利用できなくなるが代わりにiPadやiPod touchのAppからは利用できるからのぉ。

つーことで個人的にはAirPlayの動画再生についてはオマケ(レンタルや購入した動画は別だけど)で音楽再生が本命&一番お世話になりそうってのが感想かな。それから。。。AirPlayで音しか再生されないとお嘆きのApple TVユーザーはApple TVのアップデートを実行すれば良いですよ。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.