「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってきた

9月3日にオープンした「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に早速行ってきた。

アクセスはミュージアムに基本的には駐車場が用意されていないので公共交通機関を使う事になるが今回は近場の生田緑地(正確には生田緑地の敷地内にミュージアムは立地する事になるらしい)の駐車場までスクーターで移動して、そこから徒歩で行く事にした。

結構な距離を歩いて行くとミュージアムが見えてきた↓

P1010161

大人の足、それも早足で15分ちょい掛かったので結構な距離。真夏だと辛いかな。

ミュージアムは事前予約制で10時、12時、14時、16時に500名ずつ入場できる。退場時間は制限されないのでのんびり観たい人は早めの時間を予約すると良いと思われ。
事前予約制については周知が行き届いていると感じていたんだが何組か知らずに来ていた。子供が泣き叫んでいるグループも居たがあれはちょい可哀想だったのぉ。まぁ、例外作ると碌な事が無いので仕方ないけど。

俺が到着した入場10分前の時点で100人前後が並んでた。後述するがカフェ・ショップ狙いならなるべく早く行って並んだ方が良いと思う。
入場開始後、15分程度で入場の順番が回ってきた。ちなみに俺は200~250人目ぐらいだったと思う。
到着後、列に並ぶのが嫌で周囲を徘徊してたからw
入場時にチケットと引き換えに「おはなしデンワ」という音声ガイドとFシアターのショートムービー(新作らしい)入場券が渡される。

P1010184P1010185

ミュージアム内部は、きこりの泉(きれいなジャイアンが居るところ)と庭以外は撮影禁止なので音声ガイドの画像は無し。

内部は原画(原本保護の為、複製がメイン)、再現された作業机、藤子・F・不二雄先生の略歴・作品史の展示がメイン。
個人的には楽しめたが子供はあまり面白く無いんじゃないかな?子連れが多かったけど。多分、親子で何度も来るところじゃない。

今回はミュージアムカフェを楽しみにしていたんだが90分待ちつー事だったんで回避。ミュージアムショップも結構混んでた。
入場待ちの時に警備の人と話している時にミュージアムショップとカフェが狙いならなるべく早く来て列に並び、入場後は展示を飛ばして直行しないとすげー待たされると聞いていたんだが。。。ここまでとは。。。

子供が楽しめそうなのは↓これかな。

P1010173P1010176

きこりの泉のきれいなジャイアン。現地で初めて知ったんだが左の写真で判るとおり人力w

あと、屋上の庭園↓

P1010165P1010166P1010167

P1010169P1010170P1010171

P1010168P1010172

のび太の恐竜のピー助やパーマン、どこでもドア、原っぱの土管などなど結構良く出来てるし、記念撮影をしている人も多く良い感じだった。

最後にミュージアムショップを通って、退館する事になる。ショップの戦利品は

ショップの袋とミュージアムの案内リーフレット、ドラえもんとオバQの扇子、パーマンバッチ風マグネット

P1010177P1010180

ジャイアン・ファーストアルバム風チョコレートw

P1010178P1010179

きれいなジャイアンのマグカップ

P1010181P1010182P1010183

チョコレートは2つ購入したんだが。。。合わせて5千円超えてたorz

つーことでミュージアムの感想だが個人的には楽しめたがもっと落ち着いて観る場所だと思うし、個人的にもゆっくり原画を眺めたいので1年ほどしてお祭り状態が落ち着いてからもう一度行こうかと思う。
これから行くかどうか悩んでいる人も余程新し物好きじゃないかぎりは少し時間を空けてから行く方が良いと思うよ。ずっと混み続けるような施設じゃないと思うしのぉ。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.