OM-D用ハウジングがほぼ完成

先月、座間味に行った際にFT3で物足りなくなってきたのでマイクロフォーサーズの水中撮影環境を整える事を決意。

P1000008

2年ぶりの環境再構築ということで試行錯誤を楽しんだが本日やっと仮組みが終わった感じ。

最初は、パナのDMC-GX1でシステムを組むつもりだったがハウジングとポートの価格とm4/3の代替わりの速さを考えて、もうちっとお手軽に組めるOM-D E-M5と純正ハウジングで組み上げた。
まぁ、手動フォーカスが出来ない微妙な残念仕様なんだがワイドメインの俺の場合、その辺りはあまり問題ないので由としよう。

つーことで

P1000005P1000006

OM-D レンズキット(2-50mm F3.5-6.3)
45mm F1.8
14-42mm F3.5-5.6 ⅡR
ハウジング(PT-EP08)とレンズポート
ズームギア&反射防止リング
INON グリップベースM1
INON スティックアームセットSセットZ-MVとフロート
INON Z-240とL型光ケーブルセット
に以前から持っていたS-2000とアームセットを組みあせて一応それらしくしてみた。

P1000007

あとはコンデジ用で長さが足りないS-2000用のL型光ケーブルをロングに変更して、ランヤードを付ければ一応完成の予定。
風呂でテストをしてみたがZ-240のフロートは不要だったかも。。。微妙に軽いわ。

まぁ、現場で使ってみないと色々わからんので一度海に持っていかないとなぁ。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.