桃酔菓

フランさんのブログで紹介されていた若松屋阡壱の「桃酔菓」が
その他のアイテムと一緒に到着。
今回は
・桃酔菓
・桃ジャム
・有楽窓ハーフ(焼き菓子)
・桃羊羹白練
を注文してみました。
桃酔菓は十分冷やしてから食べてくれとのことなので
夜にでも試食予定ですよ。追記:
夕方、少し遅めのおやつとして桃酔菓を食べてみた。

封を開けてみたところ
・桃の葉の塩漬
・飾り菓子
・シロップ&桃
の3つのパーツ(?)から成り立ってます。

ここでハタと盛り付ける皿が無いことに気付く。。。
手近にあったのはこれだが。。。
食べやすいだろうけど何か違う。。。

つーことで涼しげなグラスを見繕ってみた。
ロックグラスなんですが。。。
これはこれで失敗したカクテルみたいだよorz
何か食べにくそうだだし。。。

と色々考えつつ試食。
おー、美味しい!

自然な甘味でしつこくなく良いですな。
これなら小さい子から年配の方までオススメしやすい。
難点といえば、少し桃が崩し難いことでしょうか?
まぁ、入れ物に問題があるからなんですが
スプーンを入れてさくっと切れるほど柔らかくは無いんですよね。
これは桃の形を保つ為に仕方ないことでしょうし、
口に入れたら簡単に崩れるので硬いわけではないんですよ。
恐らく一番良いところでバランスを取っていると思います。

つーことで少しお高いですが一度お試しあれ。
通販もやってますし、私も今回使いましたが注文したら
二日で到着しましたよ(・ω・)ノ

サイト:若松屋阡壱

Similar Posts:

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.