学習型リモコン「リモートコマンダー RM-PL500D」

作業部屋のリモコン集積具合が臨界点を越えそうなので
Sonyの学習型リモコン「リモートコマンダー RM-PL500D」
を導入してみましたよ。

ネットで情報を収集している段階では
・全体的に高評価
・ただし、耐久性に難あり
という印象。
まぁ、価格もこの手の製品にしては安い部類なので
学習リモコン初心者としては良いかな?という思いと
sony styleのポイントが余ってたのでそれで安く買えるという
考えでこれに決定。
物が到着後、早速作業部屋のリモコンを整理したのだが。。。
( ゚д゚)ポカーン
実際に並べてみると多いな。。。

とりあえず、使用頻度が高いと思われる以下の4つ
・TV
・サラウンドスピーカー
・光セレクタ
・DVD-HDDレコーダー
を登録してみましたよ。

メーカーごとの基本的な動作の幾つかのパターンは
一覧表から選択することですぐに使用できるんですが
特殊な操作や対応していない機器については
元のリモコンから信号を発信してRM-PL500Dに
学習させることによって利用可能となります。

で、4つの機器はどうだったかというと。。。
・TVはそのままで使用可だった
・DVD-HDDレコーダーは幾つか学習
・セレクタとスピーカーはフル学習
ということで1時間ほどの作業で完了。
思ったより簡単でしたよ。

それから数日使ってるんですが、こりゃ便利ですよ。
流石にレコーダーの細かい操作なんかは
専用リモコンの方が好みに合いますが普段使う分には
今回のリモコンで断然困らない。
リモコンがあふれて困っている人は一度使ってみることを
オススメしますよ、絶対に。

つーことでかなり良い感じなのでリビングにも
導入したいなぁと考えとります。
ただ、最初に書いたとおり耐久性で問題が指摘されているので
もう暫く使用してみてからになりますけどね。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.