ロケフリ・ベースステーション「LF-PK20」

衝動買いしたSonyの
ロケーションフリー・ベースステーション「LF-PK20
がアマゾンから到着。
サイズ的には小さくも無く大きくも無く。。。ポートを見ると
・アンテナ入力
・LANポートx1
・AV入力x2(S端子入力x1兼用)
・AV出力x1(S端子出力兼用)
・AVマウスポートx2
といった感じでサイズ的にはギリギリなのかもねぇ。

仕様的には地上アナログ・チューナーしか搭載してないのが
残念ですが今回の目的がAV入力を飛ばす事なので
あまり問題にならなかったり。。。

で、上に挙げたポートのうち
・AVマウスポート
ってのが馴染みが無いと思いますが
これは簡単に云うと赤外線リモコンですな。

で、何に使うの?と問われると
遠隔地からロケフリの入力元をコントロールする
という事になります。

まず、ロケフリは
・ペースステーション(今回買った製品)で受信した地上アナログTV放送
もしくは
・AV入力x2に接続されているビデオなどの映像機器からの映像
のうち一つを
・ロケフリ・クライアントの専用端末
・PSP
・PC用のクライアントソフト
のいづれかから離れた環境で見れるという製品です。
この「離れた」というのは、そのままの意味で
設定さえすればインターネット経由で
海外からさえ映像を見ることが出来ます。

ところが、ここで問題になるのは
・AV入力x2に接続されているビデオなどの映像機器からの映像
です。
・ペースステーション(今回買った製品)で受信した地上アナログTV放送
は、ベースサーバ自身の機能なのでクライアントからの制御
つまりチャンネル変更などが可能ですが
前者の場合、別の機器の為、ベースサーバで制御できません。
つまり、遠隔地で眺められると云っても再生・停止など
出来ないわけで実用的ではありません。

ここでAVマウスの出番というわけです。
つまり、ロケフリ・クライアントからベースサーバに指示を飛ばし
そのベースサーバに接続されているAVマウスから
赤外線リモコンと同じ信号を発信して
AV機器を制御するわけです。
これで電源のオン・オフから再生・停止など
リモコンで可能な制御は何でも出来るという訳です。
赤外線リモコンが無い製品(PS3など)は
利用出来ませんが現行のAV製品の大半は
赤外線リモコン利用なので問題はあまり無いと思います。

つーことで、長々と書きましたが実際の使用感は?というと
PC版クライアントは想像していたより重くて少しガッカリ。。。
それほど非力なPCじゃないはずなんですがねぇ。。。
まぁ、PSPでの利用がメインなので問題なしですが。

で、肝心のPSPですが
画面が小さい事もあってか凄く綺麗に見えますね。
ちなみにこの画像はリモコンパネルを表示しているモノ。

余計なパネルを消すと
こんな感じでかなり良い感じですよ。
これは買って正解だったかも。
防水パックとかを購入して、「お風呂でTV」も可能かもしれないですな。

という感じで全体的に満足度の高いSonyのロケフリですが
一つ残念なのが細々した設定をする時に
PC用クライアントソフト「LFA-PC20
が必要という事でしょうか?
標準で付いているなら別に問題ないんですが別売りなんですよねぇ。。。
まぁ、抜け道もあるのかもしれませんが別に探す気も無かったり。

つーことで、今後も同系統の製品が出続けるか微妙な製品ですが
とりあえずは使い方さえ間違えなければ便利ですよ。
※HDロケフリという新製品が出ているがこの製品と発想が違ったり


関連情報:
MPEG-4 AVC採用でより高画質に使いやすさも進化したソニーのロケーションフリー「LF-PK20」
「LF-PK20」で何が変わった?

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.