LOOX-T70MのSSD化を考えてみる:その3

前回から3週間以上も経過しとりますがやっとパーツが到着。
アマゾンに注文していたんですが発送時期の変更続きで困り果てていたところ
上海問屋に再入荷していたのをやっとこさ押さえる事が出来た
PhotoFast「CR-1000IDE」
ですよ。
つーことで早速組み込みにかかったり。。。利用するCFは
Transcend 32GB 133x
です。

LOOXに搭載されている標準のHDDが60GBでパーティションがCドライブ、Dドライブに
それぞれ30GBずつ割り振られていたのでCドライブをそのままCFに移植。
Dドライブは元々利用頻度の低いアプリケーション等だけインストールしていた上に
利用領域も12GB程度だったのでこちらは間に合わせで16GBのSDカードを利用する事にしました。
そのままOSをクリーンインストールする方が色々と都合が良いような気もするんですが

どうせ遊び半分ですし失敗したらクリーンインストールすれば良いやという感じで

Acronis True Image11でそのままデバイスイメージをコピー。
こいつは元々メインPCのバックアップ用に購入していた物を流用なので投資は無し。

で、実はここまでの作業は昨日の話で結果からいうと失敗でした。
CFの相性からかHDDというかCFにアクセスしっ放しで極端にレスポンスの低下。。。
つーことで急遽、参考にしていたサイトで紹介されていたCFを追加購入して再挑戦したのが本日ですよ。
追加購入したのは
SILICON POWER CF 32GB 200X
です。
で、結果は?というとこちらは無事成功!


以下、参考までにCrystalDiskMarkの計測結果

HDD

 標準の東芝製60GB

Sequential Read : 18.772 MB/s

Sequential Write : 16.591 MB/s

Random Read 512KB : 12.374 MB/s

Random Write 512KB : 11.622 MB/s

Random Read 4KB : 0.301 MB/s

Random Write 4KB : 0.609 MB/s

Test Size : 100 MB



Transcend CF

 数字上はよさげなんですがPCがまともに稼動しなかった

Sequential Read : 30.385 MB/s

Sequential Write : 10.073 MB/s

Random Read 512KB : 31.013 MB/s

Random Write 512KB : 1.066 MB/s

Random Read 4KB : 1.856 MB/s

Random Write 4KB : 0.008 MB/s

Test Size : 100 MB


SILICON POWER CF

 Random4KBの数字が。。。ですが全体的なレスポンスは向上している感じ

Sequential Read : 42.758 MB/s

Sequential Write : 12.879 MB/s

Random Read 512KB : 34.195 MB/s

Random Write 512KB : 1.714 MB/s

Random Read 4KB : 1.717 MB/s

Random Write 4KB : 0.024 MB/s

Test Size : 100 MB



つーことで価格の割りに効果が出ている感じです。

人柱報告を確認後、価格が低下したら64GBに乗り換える価値はあるかのぉ?



参考サイト:
モバイルしないモバイラーさん
その1:PhotoFast『CR-1000IDE』でCFのSSD化
その2:HDDをCR-1000IDEに換装
その3:XP起動
その4:シリコンパワーが鉄板!か?

CR-1000IDEについて必要な事は上記のサイトでわかると思います。
LOOX T70MのHDDベイについては書く事ないなぁ。。。ネジ3本外せば終わりですし。。。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.