注目の洋ゲー:’09年5月~7月期

ローカライズされる作品が急増している上に6月にE3を控えている為か
海外のみ発売の目ぼしいソフトは以前から注目されていたモノを除き殆ど無し。
7月に関しては現時点では欲しいと思えるソフトが0本だったりorz
E3で発表=>発売コンボとかあれば良いんだけどなぁ。
5月19日 Terminator: Salvation
もうすぐ公開される新ターミネーターシリーズを題材にしたゲーム。
すんげー胡散臭そうなんだがお手軽で爽快感のある
撃ちまくりゲームだったら良いなぁと期待してたり。
プレアジ Xbox360「Terminator: Salvation」(アジア版)US$ 49.90 (~4,810円)
プレアジ PS3「Terminator: Salvation」(北米版)US$ 64.90 (~6,260円)

5月26日 inFamous
ライオットアクト系(クラックダウン)の超人を操作して箱庭で遊びまわるゲームみたい。
ライオットアクトみたいにオンラインで遊べる要素があるのか不明。
海外でも期待度は高い模様。
プレアジ PS3「inFAMOUS」(北米版)US$ 64.90 (~6,260円)

6月9日 Prototype
こっちも超人を操作して。。。みたいだけど演出等がかなりダーク。
あと箱庭系のゲームかどうかも不明だったり。
でもinFamousと違ってマルチなので360やPCユーザーからは期待されてるみたい。
俺自身もこっちの方が期待は大きいのよね。
プレアジ Xbox360「Prototype」(アジア版)US$ 49.90 (~4,810円)
プレアジ PS3「Prototype」(北米版)US$ 64.90 (~6,260円)

6月16日 Ghostbusters: The Video Game
延期されまくってたのがやっとリリース。
音楽も映画と同じみたいなので期待は膨らむばかり。
ただ、版権の問題で360版の発売が遅れるらしいとの噂も。。。
プレアジ Xbox360「Ghostbusters: The Video Game」(アジア版)US$ 49.90 (~4,810円)
プレアジ PS3「Ghostbusters: The Video Game」(北米版)US$ 64.90 (~6,260円)


6月30日 Tom Clancy’s Splinter Cell: Conviction

ステルスアクションの代表作の一つ。
個人的にすげー期待しとるんだが今作に限っては事前情報が無い上に
開発中のトラブルの話もちろちろ出てて不安の方が大きいのよね。
発売まで2ヶ月を切ってるので尚更。。。
これまでのシリーズはPSP版を除いては移植されてるのでローカライズを待つのが賢明かもなぁ。
プレアジ Xbox360「Tom Clancy’s Splinter Cell: Conviction」(アジア版)US$ 49.90 (~4,810円)

といった感じで今期もイマイチ不作。
2009年のE3は6月2日~4日に開催されるのでその際の発表に期待かのぉ。
秋以降に発売予定とアナウンスされているゲームのリストを見る限り今年の発表も充実してそう。
今年も去年と同じようにストリームの内容を含む速報をまとめたいと思っとります。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.