水中ライト「LE250」が到着

楽天から
水中ライト INON「LE250
INON「シングルライトホルダー・LE」
INON「W50°フィルターLE」

それとライトをハウジングに装着する為に一緒に注文した
INON「グリップベースD4
が到着。

D4とLE250の接続は保証されてるんだが。。。
今回装着するハウジングが保証外のiVIS HF20用ハウジング
キャノン「ウォータープルーフケース WP-V1
なのが不安要素。

まぁ、もし装着できなくても接続保証されてる他のコンデジハウジングに
流用するのでそれほど深刻に考えなくても良いんだがね。つーことで早速組み立てててみた↓

一応問題なく装着可能。
ただ、本当はグリップを左に装着したかったんだがハウジングの液晶モニター部分に
干渉してしまうので右側に装着する事になった。
多少傾かせてグリップを装着すれば着かない事もないんだが。。。

で、全体的にしっかり固定はされてるんだが幾つか気になる点がある。
例えばメインプレート装着部のハウジング側が高床になってるのでサブプレートに接触しない点。
この為、グリップベース側のグリップでホールドするにしてもハウジング側のグリップで
ホールドするにしても多少心許ないところがある。
ハウジング側グリップが右にあるのでグリップベース側のグリップを
左に出せたら良いんだが先に書いたとおりケースと干渉するのよね。。。
グリップ位置を延長する追加アームとかあったら良いんだけど。
無理に左につけると今度はライトの照射位置に影響が出そうだしなぁ。
あとグリップベース側グリップで持った場合、カメラのズーム操作が多少やりにくい。
まぁ、これはハウジング側グリップを持てば良いだけだが。。。

つーことで流れが速いところで使うのは暫く様子見をしてからがよさげ。
ただ、普通に潮が静かなところだと特に問題は出ないと思う。
現状装着しているライトも小型が1つだけで軽いしのぉ。

で、INONの新製品のLEDライトについてももう少し。。。

価格は実売で1万2千円ぐらいで性能等を考えるとお手軽な価格帯だと思う。
標準でW40°フィルターと赤色フィルターも付いてるし
オプションでW50°フィルターやハウジングに接続するホルダーも用意されている。
ちなみにホルダーについては1灯、2灯、4灯用の3種類があって俺が今回購入したのは1灯用。
光量はフィルターなしの状態だとサイズを考えると結構強力。
フィルター装着時は少し暗いけど逆に刺激が少なくて撮影には良いかも。
つーことで手持ち用としても小型で使いやすそうだし
コンデジなんかでライトを利用したい人には潰しも効いて良い製品かも。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.