INON(イノン)のコンデジ用パーツが到着

ビデオと同様に座間味で足りないと感じたコンデジの機材で注文していた物が到着。
といってもベースはWP-V1とコンデジで併用しようと考えていた「グリップD4セット
なので追加で購入したのは使用するハウジング専用の「マウントベース」のみ。
このマウントベースの導入でデジタルビデオと同じマクロレンズが使えるので便利なのよね。
現在、水中撮影でメインに使っているコンデジは古いモデルなんだがレンズを共用できるって
メリットがあるのでもう暫く使い続ける事になりそうだのぉ。

ただ、これだけだとグリップベースは邪魔になりそうなんだが。。。
実は今回の増強のメインは外部フラッシュの導入だったり。

つーことで
イノンの小型水中ストロボ「S-2000」と「L型光Dケーブル・キャップセット
も購入。
実は最後まで「D-2000」とどちらを購入するか悩んだ。
D-2000の方がターゲットライトもあり、オプションも豊富だし、
設定も細かく出来るようなんだ結局軽さを選択。
ハウジングとマクロレンズ、フラッシュだけでの使用も考えるとなぁ。

で、実際に組みあがったのが↓これ

組み付け直後に撮影するのを忘れて風呂場で水中テストを終えた後に写したのでタオルの上(汗

写真を見たら想定できるの通り、グリップベースを外すとかなりコンパクトになります。
ただ、俺はマクロレンズx2を持っていくのでホルダーが欲しいのと
フラッシュの稼動域の狭さが気になったのでアクセサリーシューを使わず
アームの方に取り付ける方向で落ち着きそう。
まぁ、実際に潜って暫く使ってみないと判断のしようが無いわけですが。。。

つーことで。。。機材だけ揃っていても仕方ないので早く潜りに行って使いたいなぁ。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.