雑記:’09/10/26

・昨日のお届け物
いーでじから微妙な評判だけど安かったので注文した
RAID対応HDDケース「CG-HDC4EU3500

ソフマップからHDDケース用に注文した
1.5TB SATA-HDD「WD15EADS」x4本

が到着。


・昨日は外付けHDDとメインPCのWin7移行で一日潰れたorz
現在NASのRAID-HDDも利用しているんだがPCの一括バックアップとかには
速度が遅くて使いづらかったので安価なeSAT接続のRAID-HDDを見繕ってみたり。
で、今回のHDDケースを購入した訳だがネットでの評判は芳しくないのよね。
ほんでも安くて適当なスペックの物が無かったので仕方ない訳だが。。。

このケースはRAID 0/1/3/5/10に対応しているらしいのでとりあえず
安価で大容量な1.5TBH-HDD4本でRAID5 4.5TBぐらいの確保をしてみる事に。

とりあえずHDDを放り込んで↓

マニュアル通りに設定してみたんだがイニシャライズが一瞬で終わる。。。
現在利用しているバッファローのNASだと10時間近く掛かったんだが。。。
で、ネットで調べるとそういう仕様らしい。
むぅ。。。手動でのRAIDチェックなんかもできないし色々不安になるなw
そこそこ値段の張る製品なら一ヶ月ごとのパリティチェックとかスケジューリングできるんだがのぉ。
まぁ、安いし仕方ないのかね。。。

買った物は仕方ないので早速繋いでいると2GBしか認識しない(汗
ここでXPの2GB制限を思い出したり(大汗
NAS-HDDでは意識しなくて良かったので忘れてたw

つーことでここで急遽メインPCの環境をWin7に移行する事にしたり。
まぁ、Win7のインストール自体はマルチブート環境で構築し終わっているので
よく使うソフト群のインストールとデータ領域の整理(ルール作り)だけ。
それでも量が多いので時間が掛かるのは確実だけど。

早速、移行の準備をしつつ構築済みのRAID-HDDを接続してみると。。。2GBしか認識しないorz
手順に間違いは無いし、ネットでも似たような報告例は無し。
HDDの認識自体は上手くいってるんだが微妙な振る舞いなのよね。。。
2時間ほどネット巡回をしつつ色々試してみたがすべてアウト。
ここで何となく勘でRAID3に設定して確認してみるとちゃんと4GBオーバーの領域を確保。
その後、再度RAID5でイニシャライズすると問題なく設定できたっぽい。
もちろん中身がしっかり動いているかは謎だが少なくとも容量は確保できたみたい。
うーん。。。診断ソフト等が添付されてないとここまで不安になるものなのね。
やっぱり高い物にはそれなりにメリットがあるのぉ。

つーことで思いつきで実行したRAID-HDDの追加導入で結局メイン環境のWin7移行までする羽目に。
まぁ、結果オーライという事ではあるんですが。。。
こういう機会でもないとなかなかXPから抜け出せないしのぉ。

HDDの設定終了後のWin7移行は順調に進んだんだが結局終了したのは夜中。。。
昼前に作業を始めたんだがなぁ。。。疲れた。。。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.